テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム 本田昌毅 本田メンタルクリニック総院長レビューと体験談 内容詳細

未分類
Pocket

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム 本田昌毅 本田メンタルクリニック総院長レビューと体験談 内容詳細

→詳細はこちら

本田昌毅 本田メンタルクリニック総院長さんのテレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラムって、
初めて聞いたんだけど、何だかいいみたいだね。

ある日、仕事に行こうと準備をするのですが、体がとてつもなく重たく、その日は休み病院に行きました。

先生から
「心的なものでしょう」
と言われ、この先どうしたらいいのだろうと思っているとき、
この「テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善「テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム」」に出逢いました。

今では、職場でも新しい役職をもらい、自分の将来のビジョンも思い描けるようになりました。

私は、母一人、子一人、いわゆる母子家庭で育ちました。

母は私に、ほんとうに深い愛情を注いでくれました。

そのおかげで父のいない多少の寂しさはあったものの、 無事成人し、就職することができました。

私は悲嘆にくれ、職場に行ってもうわのそら、休日も家で何をするでもなく、ただ毎日が過ぎていきました。

そんな母が、私が社会人一年目のとき、ガンでこの世去りました。

あのつらく暗い日々がうそのようです。

まるで、亡き母が、
「これを読んで元の勇に戻りなさい」
と応援してくれているかのように、みるみる自分に変化が現れました。

って、本当かなあ。

評価はどうかな?

以前はありがとうございました。

いつの間にか体調不良が当たり前で、休みの日 にはどこにも行きたくないし、
何もしたくない自分に なってしまいました。

1ヶ月たつ今、会社に行くこともできるようになりました。

病医院に行くと、本田昌毅先生から「精神的な ものからくるものですね」と言われ、
「うつ」という言葉も少しでました。

私は、自分でも「うつ」かなと何となく気づいていたものの、ショックでした。

ありがとうございます。

ある朝、布団から起き上がることが出来ずに欠勤 しました。

私は、会社に勤めて11年、毎日混雑した電車で会社へ。

一年前から気の合わない上司と残業の日々が続きました。

こんな私でも最後まで読むことができ、出来ることから少しずつしていきました。

レビューにあったから、信じて実践してみようかな。

買ってみる?

→詳細はこちら